ウソだらけの医学常識

  ▲発熱に抗生物質、解熱剤を使ってはいけない

  咳、くしゃみ、頭痛、倦怠感等、風邪には様々な症状がある。その中で、大概の人が心配するのは、、発熱だろう。子供が風邪をひくと、親はしきりにおでこに手を当て、

  体温計で熱を計る。そして熱が下がると、症状も良くなったと思ってホッと胸を撫で下ろす。しかし、熱が下がったからと言って、それだけで風邪の症状が良くなったと

  言えるのだろうか。もちろん、風邪のせいで熱が上がったのだから、風邪が治れば熱は下がる。そういう意味で、体温は回復状態のバロメーターになるだろう。だが、

  解熱剤によって熱を下げたとなると話は別である。発熱は代謝レベルを上げるから、ひどく体力を消耗させる。だから、薬を使ってでも何とか下げたいという気持はも

  分からないではない。しかし、発熱によって代謝レベルを上げるのは、白血球を増やしてウイルスと戦う為である。確かに発熱は異常な状態だが、それは人体が風邪

  と言う非常事態に対処する為の正しい反応なのである。また、発熱は「安静にしていろ」と言う体からの警告だと考えることもできる。熱が上がれば、誰でも動きたくなく

  なるものだ。食欲もなくなる。これはいずれも、体が余計なエネルギーを消費しないようにコントロールしているのだと思えばいい。体を動かすことはもちろん、消化や

  吸収も多大なエネルギーを使う作業である。そういう活動を一時的に休止して、ウイルスとの戦いに全力を傾ける為に、体は熱を出すのである。従って、解熱剤によって

  無理やり熱を下げるのは、そういった体の正しい反応を邪魔することになりかねない。白血球がウイルスを撃退すれば、体温は自然に下がる。逆に、薬で熱だけ下げ

  ても、症状が良くなったとは限らない。体温が高いほうが代謝レベルは高まるのだから、むしろ解熱剤が体の抵抗力を奪っている可能性もある。解熱剤と同様、抗生物質

  も風邪をひくと必ず医者から与えられる。抗生物質は、ウイルスに便乗して混合感染する細菌を標的にするのだが、こちらも、必要最小限度の服用に留めておいた方が

  いいだろう。抗生物質は次々と新薬が開発されるが、細菌は素早くそれに抵抗する耐性を獲得するというイタチごっこを繰り返しているのが現状だ。効き目の薄い薬を

  連用すれば、副作用だけ際立ってくることになる。特に気をつけるべきは、抗生物質を使っていると、腸内細菌が死んでしまい、お腹の調子が悪くなることがある。

  医者が抗生物質と一緒に胃腸薬を処方するのも、その為である。従って、抗生物質を服用する時には、なるべく腸内細菌の餌になる食物繊維(特に水溶性のもの)を

  摂取するようにしてほしい。また、風邪の患者に対しては、医者の方も何が効くかよくわからずに、「一応これを試してみよう」ということで薬を処方している事が

  少なくない。効き目があるかどうか分からない薬を飲むよりは、もともと自分の体が持っている抵抗力を十分に発揮できるような環境を作るべきである。その為には、

  まず安静にすること、抗生物質を使うのは、熱が上がり過ぎて余程辛くなった時だけにした方がいいだろう。

  ▲インフルエンザには活性酸素対策を

  風邪症候群の中で最も症状が重いのは、言うまでもなくインフルエンザである。ウイルス感染症である点では普通感冒と同じだが、インフルエンザのウイルスは圧倒的

  にタチが悪い。その為、38度を超える高熱が出て、喉や頭がひどく痛むばかりでなく、高齢者に肺炎を起こさせたり、幼児に脳炎を併発させたりする。ひどい場合には

  死に至ることもあるから、油断は禁物である。インフルエンザのウイルスには、A型、B型、C型の3タイプがあり、A型は更に香港型とソ連型に分けられる、これらが何故

  タチが悪いかというと、抗原を変えてしまう為である。その為、対抗手団であるワクチンを作ろうと思っても、必然的に後手に回ってしまう。流行しているウイルスの正体

  を突き止めてワクチンを作った時には、すでに相当の感染者が発生していることになる。また、普通感冒のウイルスの様なありふれたウイルスであれば、体の免疫

  システムがすでに抗体を用意している。ところが新型インフルエンザの場合は、体内にない新しいウイルスだから、すぐに対応して抗体を作ることができない。抗体が

  できるまでの間は、間に合わせに白血球の一種である好中球でウイルスと戦うしかなく、その為、体内には大量の活性酸素が発生する。インフルエンザにかかった

  高齢者が肺炎などを併発して重症に陥るのは、この活性酸素によって臓器がダメージを与えられるからである。一般に、体内に病原菌が入り込むと、細胞同士が

  サイトカインと言う情報伝達物質を出す。いわば「異常発生、注意せよ」と言う警報が鳴らされるわけだ。そのサイトカインが好中球を局所に限定するように働けばいい

  のだが、時として体内の色々な部分にそれを分散してしまうことがある。すると多臓器不全を惹き起して、体力の衰えた高齢者の場合は死亡することも少なくない。

  従って、ここでも重要なのはスカベンジャーの摂取による活性酸素対策である。もちろん、まずはインフルエンザ・ウイルスに感染しないよう、外から帰ったらウガイを

  したり、手を洗ったりという予防策を講じるべきです。もし感染してしまったら、最悪の事態を避けることを考えなければならない。十分なスカベンジャーを摂っていれば

  ウイルスに感染しても、ある程度は肺炎などを防げます。特に高齢者は自分でスカベンジャーを作る能力が低下しているから、普段から意識的に活性酸素対策を

  講じておくべきである。